高度心臓血管治療施設 24時間救急救命対応

MICS手術低侵襲心臓手術

身体的な負担の少ない心臓手術の方法であるMICS手術。
すなわち、従来の胸骨正中切開(胸の真ん中を切って心臓にアプローチする)という方法ではなく、左右どちらかの胸に小切開をおき手術を行う方法、
MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery:低侵襲心臓手術:ミックス)と呼ばれる方法で手術を行います。

低侵襲心臓手術(MICS手術)とは?

MICS手術では、術式によりますが、左右どちらかの胸に3-6cm程度の切開をおき、肋骨の隙間から心臓にアプローチし手術を行います。

MICSの適応疾患

  • 僧帽弁・三尖弁の形成術
  • 大動脈弁置換術
  • 狭心症に対する冠動脈バイパス術
  • 心臓腫瘍切除術
  • 先天性心疾患
  • 心房細動に対するMaze手術
  • 左心耳閉鎖術

尚、当院では、僧帽弁形成術・三尖弁形成術に関しては、より低侵襲で高品質な低侵襲手術である、ロボット手術を第一選択としております。
ロボット手術ではメインの創部が3cm程度となり、骨に全く負担がかからず、術後疼痛も軽減され、かつ精密な手技が可能となります。
ロボット手術に関しては別のページで説明しておりますのでご参考にされてください。

MICS AVR(大動脈弁置換術)

代表的なMICS手術である、重症大動脈弁狭窄症に対する、MICS-大動脈弁置換術の動画を供覧します。
右前胸部に5㎝程の皮膚切開をおき、内視鏡カメラ補助下に安全にかつ正確に手術を行います。
この手術の手術時間は2時間半~3時間程度です。術後も5日目に退院というのが一般的な経過です。

以下の写真はMICS-大動脈弁置換術を行った患者様の創部です(右前胸部)。
1年後はケロイド形成などの創部トラブル無く、創部も探すのが難しいくらいで、全く目立ちません。

MICS-AVR 手術直後の創部

MICS-AVR 手術直後の創部

ロボット手術から2週間後の創部:5箇所

ロボット手術から2週間後の創部:5箇所

執刀医より
「メリット」と「デメリット」について

橋本 誠

札幌心臓血管クリニック
心臓血管外科 科長
MICSセンター長

橋本 誠

学歴・職歴
  • 2007年 島根医科大学医学部医学科 卒業
  • 2007年 札幌医科大学附属病院 研修センター
  • 2009年 札幌医科大学附属病院 第2外科
  • 2010年 北海道立北見病院
  • 2010年 豊見城中央病院
  • 2013年 榊原記念病院
  • 2014年 札幌心臓血管クリニック 心臓血管外科
  • 2019年 University of Chicago留学
免許・資格・所属学会等
  • ◎医学博士
  • ◎日本外科学会 専門医
  • ◎心臓血管外科 専門医
  • ◎日本ステントグラフト実施基準管理委員会
    腹部ステントグラフト 指導医
  • ◎ロボット心臓手術関連学会協議会 認定術者

MICS手術のメリット

MICS手術のメリットは、なんと言っても、その回復の早さと術後の制約の少なさです。また、創部が目立たないというメリットも重要です。

術式にもよりますが、MICS手術後の患者様は術後5日目前後で退院可能となります。
従来の胸骨正中切開法では、重篤な合併症である胸骨骨髄炎・縦隔炎という合併症が2%程度で起こると言われておりました。また、胸骨が治癒するまでの2-3か月は上半身の過度な労作、車の運転は控えないといけませんでした。
しかしながら、MICS手術では骨を切らないため、骨髄炎などの術後感染症の可能性はほぼ0と言われております。また、北海道・東北では除雪や車の運転が生活の上で非常に重要であります。MICS手術後はこのような日常生活に特に制約がありませんので、早期から通常の日常生活に戻ることが可能です。

MICS手術のデメリット

MICS手術のデメリットは、その難易度の高さにあります。また、解剖学的にMICS手術が不向きな方ではMICS手術を行えない場合もあります。

MICS手術は、一般的な胸骨正中切開法に比べて、限られたスペースでの手術であり、難易度が非常に高く、またトラブル発生時の対応も複雑であり、慣れた術者が行わないといけません。
その為、MICS手術を安全に行える執刀医、施設は全国でも限られております。
少なくとも年間50例以上のMICS手術をこなしている執刀医、施設でなければ手術の安全性、正確性を維持することは難しいと考えます。

当院では私がMICS手術、ロボット手術を担当し、様々な術式を数多く行っております。多くの患者様が安心してMICS手術、ロボット手術を行える数少ない施設の一つであると自負しております。

入院から退院まで

入院から退院まで

当院の実績

当院でのMICS手術数は年々増加傾向にあり、2020年はMICS手術(ロボット手術を含む)を年間100例に及ぶペースで行なっております。代表的な術式は、大動脈弁置換術、僧帽弁形成術、三尖弁形成術、冠動脈バイパス術です。この数は、日本でも有数の症例数であります。そして、全例で大きなトラブル無く、安全に確実に手術を完遂しております。患者様に安心してMICS手術を受けて頂ける環境、施設であると自負しております。

お問い合わせ

当院に関することで質問やご要望がありましたら、
こちらから。