高度心臓血管治療施設 24時間救急救命対応

診療について

循環器内科・心臓血管外科、相互に協力し合い
あらゆる循環器疾患に対し総合的な医療を提供しております。

循環器内科

カテーテルによる冠動脈治療、不整脈治療、抹消血管治療を行っています。手術を受けることが困難な高齢者の弁膜症治療に対しても、カテーテルを使用した負担の少ない治療を行うことができます。

心臓血管外科

冠動脈バイパス術、弁置換・形成術、大動脈瘤手術などを行なっています。当院では胸骨を切開せずに行う低侵襲心臓手術(MICS)とダ・ヴィンチによるロボット支援手術を第一選択としています。

失神外来

失神の原因が、脈が遅くなったり、冠動脈が詰まっていたりと、心臓に原因があるケースは少なくありません。失神でお悩みの方は、精密な検査を行うことができますので、お気軽にご相談ください。

オンライン診療

遠方にお住まいの方、事情により通院が困難な方のためにオンライン診療を行なっています。お薬の手配もできますので、お気軽にご利用ください。

診療体制のご紹介

2008年4月に19床の札幌心臓血管クリニックを開設以来、心臓カテーテル治療は年間2,000症例を超えて全国トップレベルになり、
心臓血管治療の専門医院として実績を重ねて来ました。
また、2012年には心臓血管外科を開設し循環器内科・心臓血管外科のハイブリット治療体制を確立させてきました。
加えて2013年には不整脈部門治療にも対応できる体制を整え、あらゆる心疾患治療に対応可能になりました。

この間2013年には第2期工事を行い、病床数を19床から53床に増床し病院となりました。
医師の増員、設備面でも道内初の256列心臓血管CT、MRIの導入、手術室2室を新設致しました。
2014年10月には3期棟も完成し、不整脈治療が本格的に本院にて稼働する事が出来ました。
病床数も53床から74床へと増床、カテーテル治療室を3室から6室と増設し、循環器内科の心臓カテーテル治療専用を5室、
心臓血管外科と循環器内科のカテーテル治療が同時に行えるハイブリット手術室が1室となっております。
2019年には、増え続ける患者様を受け入れるために病床数を85床へと増床しました。

医師数は循環器内科医、心臓血管外科医、不整脈専門医の、麻酔科2名の合計20名以上の病院となりました。
今後も「全スタッフ一丸となって常に最良の医療の提供に努めていきます。」

ハートチームについて

ハートチームは循環器内科医師、心臓血管外科医師のみならず、
たくさんの職種が垣根を越えて集まった集団です。

お互いの専門知識や技術を共有し、
多角的アプローチをすることによって的確な治療を行うことが初めて可能になります。

当院はあらゆる疾患において毎朝検討会を行い治療方針を決定しています。
さらにTAVIに特化したカンファレンスも定期的に開催し、治療の充実を図っています。

診療実績

2008年の開院以来、たくさんのカテーテル治療、外科的手術、CT検査、エコー検査を行ってきました。これまでの実績をこちらでご紹介しております。

お問い合わせ

当院に関することで質問やご要望がありましたら、
こちらから。