医療法人 札幌ハートセンター Sapporo Cardio Vascular Center
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
医療法人札幌ハートセンター
  • 理念・診療方針
  • 医師・STAFF紹介
  • 藤田理事長紹介
  • 道井院長紹介
  • 鵜野副理事長紹介
  • 最先端設備紹介
  • 入院案内
  • 検査・ドックのご案内
  • 藤田医師がお答えします
  • 採用情報
  • 採用応募フォーム
  • 医療公開講座
  • 地域社会への貢献
  • 医療コラム
  • メディアで紹介されました
札幌心臓血管クリニック
  • 最新情報
  • 診療科目
  • 院内のご案内
  • 医師外来予定表
  • 心血管ドックの予約
  • アクセスマップ
札幌心臓血管・内科・リハビリテーションクリニック
  • 最新情報
  • 診療科目
  • 院内のご案内
  • 医師外来予定表
  • 心血管ドックの予約
  • アクセスマップ

MENU

MENUを閉じる

医療技術を支える最先端設備 札幌心臓血管・内科・リハビリテーションクリニック 院長 医療法人札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック 札幌心臓血管・内科・リハビリテーションクリニック 医療法人札幌ハートセンター

256列心臓血管CT
(フィリップス)
カテーテル検査を行わなくても
冠動脈のスクリーニング検査が行えます
256列心臓血管CT(フィリップス) 北海道初導入の256列心臓血管CT。カテーテル検査を行わずに、簡単に冠動脈狭窄や末梢血管の狭窄を発見出来ます。早期発見にも役に立ちます。
カテーテル検査を受けたくない方には、患者様への負担を少なく狭心症の有無を調べる検査です。
撮影当日に撮影し、所見をお返しいたします。
CT検査画像 カテーテル検査画像
最新機種だから出来る 新型機による写真 従来のCTでは心臓の血管を撮影する場合、不整脈などで撮影が困難な事も多かったのですが、、この新型機では、ほぼ確実に撮影出来ます。
検査方法 新型機による写真 腕の静脈から造影剤というお薬を流します。カテーテル検査では、手や足の動脈から心臓の血管までの細い管を入れ、直接撮影剤を流します。
検査時間 新型機による写真 検査は日帰りで行われ検査室への入室から退室まで約15分で終了します。撮影当日に読影し、所見をお返しします。
ロータブレーター
ロータブレーター ロータブレーター 平成25年5月1日より病院になり、ロータブレーターを使用出来る施設になりました。ロータブレーターとはカテーテルの先端に小さなダイヤモンドの粒を装着した金属を高速で回転させ、冠動脈の中が非常に固いもので詰まっていて、バルーンだけでは拡張できない時に使用致します。ロータブレーターは柔らかいものは削れにくくなってますので、血管を傷つけにくくなってます。
エキシマレーザー
エキシマレーザー エキシマレーザー ロータブレーター同様、病院になり使用出来る施設となりました。
エキシマレーザーは狭く、又は閉塞した冠動脈にカテーテルの先端から照射されるエキシマレーザーによって、プラーク組織を蒸散させ詰まりを取り除く事ができます。
下肢静脈瘤血管
内治療用レーザー
下肢静脈瘤血管内レーザー 下肢静脈瘤血管内レーザー 下肢静脈瘤血管内レーザー治療の利点はストリッピング手術の様なソケイ部の切開は必要なく、ひざ周囲1カ所の小さな創で行う事が出来る治療です。 当院では下肢静脈瘤に対する血管内レーザー治療実施基準の基準内容を満たしております。
大動脈
ステントグラフト
大動脈ステントグラフト 大動脈ステントグラフト 大動脈瘤の治療法として、胸部、腹部を切り動脈瘤を確認し、その代わりに人工血管を縫い付ける手術が一般的ですが、最近では血管内にカテーテルを挿入して人工血管を患部に装着する「ステントグラフト内挿術」が普及し始めてます。 ステントグラフトによる治療は、手術ではどうしても必要な切開部をより小さくすることが出来、所要時間も短いので、身体にかかる負担が少ないのが特徴です。
カテーテル
アブレーション
カテーテルアブレーション カテーテルアブレーション 平成25年4月1日よりハートリズムセンターを開設し、不整脈の診断・治療を積極的に実施しております。特に不整脈の一つで、脳梗塞の原因にもなるとして早期の治療が望まれる心房細動に対して高実績を上げております。
その療法とは「カテーテルアブレーション」(心筋焼灼術)治療です。
手術はカテーテルを血管内に挿入し、心臓内まで送り込み、不整脈のもととなる異常な部分に高周波電流(50~60度)を流して焼灼を行います。病変部の特定を行い不整脈治療のサポートをする為の数々機器も揃えました。CART03(カルト3)、エンサイトといったマッピングシステムはCTの画像を取り込み心臓の3D画像を作成し病変部を特定することが出来ます。
カテーテル検査室
フラットパネル装置を備えたカテーテル検査 カテーテル検査室3 カテーテル検査室2 カテーテル検査室1 3つあるカテーテル室には全てFlexVisionと呼ばれる56インチ大画面LCDモニターを搭載しております。この大画面モニターにより非常に観察し易く、又、同患者様の違う検査画像や情報を簡単に表示させる事が出来、色々な情報を確認しながら治療が出来る環境となっております。3室目のカテーテル室は手術室と隣接させ、最先端フラットパネル装置を導入。手術室と同等のクリーン度の高い設備となっており、心臓血管疾患のハイブリッド手術も可能となりました。
手術室
手術室 クリーン度の高い最先端医療設備が整った手術室2室が完成。あらゆる心疾患に対する手術対応が可能となりました。
MRI装置
(フィリップス)
MRI装置(フィリップス) 放射線被曝のない高性能MRIを導入体内で最も動きの激しい心臓でもさまざまな断面像や動画像が撮影出来るようになるほか、腎臓等全身の血管も調べる事が可能です。

医療法人 札幌ハートセンター Sapporo Cardio Vascular Center 理事長 藤田 勉

冠動脈CT外来、バスキュラー・ラボ外来、高度カテーテルセンター、不整脈外来

24時間救急救命体制

札幌心臓血管クリニック

  • アクセスマップ
  • 心血管ドックの予約
  • 医師外来予定表
〒007-0849 札幌市東区北49条東16丁目8番1号 tel 011-784-7847 診療受付時間 午前 8:30~11:30 午後 13:00~16:30 ※水曜・土曜は午前のみ ※月曜は19:30まで

札幌心臓血管・内科・リハビリテーションクリニック

  • アクセスマップ
  • 心血管ドックの予約
  • 医師外来予定表
〒006-0816 札幌市手稲区前田6条16丁目1-2 tel 011-683-4141 診療受付時間 午前 8:30~11:30 午後 13:00~16:30 ※土曜は午前のみ